みなさんから寄せられた平和自主活動報告

平和活動報告書のコーナーでは、
みなさまからいただいた活動報告を、どんどんご紹介していきたいと思います!
みなさまの活動報告をお待ちしておりまーす!
報告はこちらから

その他

Nov

27

対馬でピースポール・メンテナンス

カテゴリー:その他

11月1日(日)より4日(水)まで、対馬におよそ35年前に建てられたピースポール7本のメンテナンスを、地元の方々の協力を得て行ってきました。

昨年の台風とコロナの影響で、対馬のメンテナンス計画は2度延期。本来ならば予定されていた参加メンバー10名全員にお声を掛けるところでしたが、コロナ禍でもあり、今回は大林2名と長崎の岩丸 茂さん、対馬出身で福岡在住の北村さんで行いました。

今から36年前、Iさんは対馬で漁協の仕事で赴任しておられ、神社等に交渉して、12本のピースポールを建立されました。当時は東京、佐賀、そしてIさんを含めた長崎の会員さん3名で行なったものです。記録では、昭和59年3月、8月、昭和61年8月に建立しています。

現在では殆ど文字も消え、12本中、実際に残っていたのは7本でした。これらは基礎にコンクリートが施してあり、しっかりしていました。今回は国境ということもあり、ハングル語・中国語・英語・日本語の4面にメンテナンス用のステッカーを貼って修復しました。
峰町木坂の海神神社(木坂神社)、島大国魂神社、霹靂神社、和多都美神社、志二岐神社、厳原町豆酘の多久頭魂神社、厳原町浅藻の多久頭魂神社の各ピースポールです。

対馬の全島民3万人のところに、年間約30万人が韓国の釜山より船で50Kmのところにやってきます。山海珍味は豊富で素晴らしいことを除き、それほど観光地とも思えぬので、韓国の国策とも感じられます。
韓国には、古代よりつづくアジア大陸との交易の歴史を通じて、恨(ハン)の文化があり、その思想がうごめいている感じも致します。
仏陀の言葉「恨みに報ゆるに徳を以てす」とありますが、ピースポールはまさにこの役割を担っているものと思います。 
(S.I, Y.O & M.O)

注:恨(ハン)は、朝鮮文化においての思考様式の一つで、感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念。朝鮮における、文化、思想において全ての根幹となっている。 (wikipediaより)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2020.11.27 17:55

Oct

13

ピースフェスティバル in おかやま 2020

カテゴリー:その他ピースセレモニー

9月21日国際平和デーにピースフェスティバルinおかやま2020を開催致しました。コロナ渦で世界が分断する中、岡山より世界へ平和の響きを発信する事が出来ました。ピースコンサートは地元で活躍の清水ゆきさんを中心とするショートミュージカル,愛と平和の舞は豊塚かおり代表率いるNBCダンスチーム,晴天に恵まれ一般参加120人,熱い一日となりました。本番フラッグセレモニーは幼児から大人まで一国一個舞台に上がり平和を祈りました。会場には昨年募集したピースアートをテント展示し,14時35分より市内商店街をディバインスパーク曲をバックに笑顔でパレードしました。この模様はテレビせとうちのニュースで報道されました。(O.K)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2020.10.13 12:12

Oct

08

シカゴでピースデー

カテゴリー:その他

私たちは、国際平和デーが国連で採用される以前からシカゴで多くのパートナー団体を得て、ピースデーを開催してきました。今年はパンデミックの影響下、例年のシカゴ中心部での大型イベントの開催は不可能だったため、オンライン行事に切り替え、折しもUnity Earthグループが主催するキャラバン・アクロス・アメリカともコラボレーションすることになりました。2時間を超えるプログラムの中で、過去のフラッグセレモニーのスライドを使ったフラッグセレモニーを行ったり、ピースポールを中心に据え、主催者であるピーススクールとして、未来の社会の在り方について語ったりしました。この他にも多くの団体が出演しましたがBlack Lives Matterについて語る団体もあり、アメリカ社会の平和についてタイムリーな意見が発表される機会となりました。 (ジェニファー・キム)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2020.10.08 16:19

Oct

08

ナイジェリアで国際平和デー

カテゴリー:その他

9月21日、ワールドピース・ヒューマニタリアン財団の協力で、ナイジェリアの、アクワ・イボム州のウヨ市の司法本部にて、国連設立75周年を記念した国際平和デーの記念行事を盛大に行いました。今年も地元の平和に貢献した人々に平和賞を受賞し、卓上ピースポールを贈呈しました。 Shaping Peace Together(一緒に平和を共有しよう)という今年の国際平和デーのテーマは、平和を成立させるには一人一人の協力が必要であるという本質を表し、パンデミックの状況下でいっそうその実感がわくものでした。(モジマ・エトクド ナイジェリア/ピースレップ)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2020.10.08 11:18

Jul

16

May Peace 2020 in Okayama

カテゴリー:その他ピースセレモニー

6月28日、 岡山市石山公園にてミニピースフェスティバルMay Peace 2020 in Okayama平和の樹Okayamaで主催しました。

岡山空襲の日の前日、コロナ旋風で世界の人々が悲しみ苦しみ恐怖の心で覆われている中、清水ゆきさんの平和の歌と、平和の樹で積み重ねてきた平和の響きを、平和で繋ぎ合う仲間たちと、岡山から世界へ、静かに熱く発信しました。(ソーシャルディスタンスに配慮して開催しました。)

1945年の岡山大空襲を祈念し、参加者全員の黙祷から始まり、清水ゆきさんの歌、大橋和文「平和の樹」代表の挨拶、清水ゆきさんの「亀島山の歌」などの後、岡山空襲時の証言集「むらさき花だいこんの願い」に所収されている山根俊子さんの体験記「私のあの日 あの時」が清水ゆきさんによって朗読されました。朗読後、山根俊子さんが壇上に上がり感激の挨拶をされ、最後に「平和が一番大事、戦争はダメ」と強く語られました。世界193ヵ国とその他の国々の平和を祈るセレモニーと続き、参加者全員の「ふるさと」合唱で締めくくられました。

平和の樹Okayama


AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2020.07.16 11:00

Dec

27

はりまグローバルリンクWPPC

カテゴリー:その他ピースセレモニー

9/21国際平和デー記念行事として、9月16日、WPPCとピースパレードを行いました。
今年は、はりまグローバルリンク単独で開催することになり、場所選び、プログラムについても、やりたいことをやる、夢の実現をコンセプトに、みんな一致協力して取り組みました。

場所は、「城を望み、時を感じ人が交流するおもてなし広場」として造られた姫路駅北にぎわい交流広場。WPPCは、広いステージに5ヶ国が整列すると、皆んなの祈り言葉に、空は澄み渡り、宇宙中が呼応し、応援しているようでした。若者たちが旗手に飛入り参加してくれたり、ある男性は最後まで何度も旗手を務め、記念撮影にも参加してくれました。また、広場管理者からは「とても楽しいイベントですね!」と喜ばれ、賛同のお言葉を頂きました。

パレードは、途中、陽気なフランス人カップルが加わり、姫路城前広場でお城をバックに一緒に記念撮影しました。その後、観光客の流れの中を、コースを折り返し、大手前通りの反対側、途中結構足どりが重くなったりしましたが、復路を終えた時は、疲れも吹飛び、達成感から、全身が喜びと感謝に包まれました。地元初参加4名は、WPPC、ピースパレードともに最後までご参加くださり、終始にこやかで笑顔でいらしたことが、印象的でした。
参加者34名。内はりまグローバルリンク15名、高齢他諸事情で準備からの実働は数名のところ、大阪・神戸・三田・岡山等遠方からのご協力を得て、はりまの地より世界の国々に平和の響きを届けることができました。

参加している最中のワクワク感、喜びはたとえようもなく昂揚していて、イベント終了後の達成感は全身歓びに満ちあふれました。やりたいことをやりきった!夢が実現した瞬間を体験させてもらいました。(H.T)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2019.12.27 11:18

Oct

11

サイパンで慰霊とピースポールメンテナンス、他

カテゴリー:その他

今年もサイパンを訪れ、2019年9月22日(日)から25日(水)まで慰霊とピースポールメンテナンス確認、そしてサイパンのクリーンボランティアをしました。昨年も取材を受けたマリアナ観光局から取材の要請があり、取材を受けて、地元テレビのニュースで報道されました。

マリアナ観光局長のクリス(Mr. Chris Nelson )がここまでこだわってツーリストを地元TVニュースにのせたいと思うというのはまれだそうです。「大林グループがしてくれた事で地元住民や旅行者へのごみに関するメッセージに気づく事が出来た。対策も考えられたし本当に有難いと思っている」との事でした。

詳細はこちら
O.Y.

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2019.10.11 15:54

Oct

04

スロバキアのピースマウンテンで国際平和デー!

カテゴリー:その他

スロバキアのピースマウンテンでは、国際平和デーにメンバーの子どもたちを集めて、今年の平和デーのテーマにそって、地球の12の要素に感謝の祈りを捧げました。(大地、山、海、植物、動物、天象、空気など)ヨーロッパでは、子ども発の地球環境保護運動が広がり、子どもたちの環境保護意識はとても高まっています。今年はピースマウンテンができて23周年です。May Peace Prevail on Earth!
クララ・ホドニチョヴァ

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2019.10.04 10:30

Oct

03

ポーランドで国際平和デー2019

カテゴリー:その他

ポーランドのワルシャワでは、2019年の国際平和デーを市内の公園の平和の鐘とピースポールの下に祝うイベントを行いました。

Heywa ファウンデーションのヤーセック・コズラウスキーと裏千家寸心協会のウラ・ブライソンさんが挨拶し、ワルシャワ市モコトク地区の市長クリストフ・スコリモウスキーが平和の大切さとすべての生命にとって気候を維持することの大切さを参加者にスピーチしました。川田司日本大使も、平和を人類にとっての最重要事項としてお話くださいました。また国連広報部のマリオラ・ラチュカさんは、国連事務総長のメッセージを読み上げくださいました。

スピーチの後、裏千家のメンバーが平和のために抹茶を点て、弓道のメンバーが浄めの矢を放ち、市長と大使が平和の鐘を撞きました。ポーランドの国会議員、スタラワイエス道場のディレクターなど多くの来賓も参列されました。

式典が終わると、参加者には日本の平和写真展、裏千家のお茶会、弓道の演武とワークショップなどに参加して、日本の平和の文化に触れていただきました。
ヤーセック・コズラウスキー

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2019.10.03 20:59

Sep

11

成田空港で"愛と平和の響き"展

カテゴリー:その他ピースパル

 8月8日から約3週間、成田国際空港第1 ターミナル中央ビル5FのNAAアートギャラリーにて、 第8回"愛と平和の響き"展を開催しました。
"愛と平和"を響かせる手作り作品として絵画、写真、ピ-スドール・折り紙などのピ-スグッズを展示しました。 その中で、第21回ピ-スパル国際アートコンテスト入賞作品も展示。テーマ「平和な生き方」にふさわしく世界の子供たちの純粋で心から平 和を願う暖かい作品の数々に、来場の方々も見入っていました。

 また初めて彫刻家広井力氏(イサム・ノグチの弟子)の手作りパンダ凧を展示しました。ウズベキスタン,ブータンでのWPPC開催の写真も展示。多くの外国の方々も来場しました。 受付用の机にピースドール、凧のマニュアル、アートコ ンテストの募集チラシを置きましたら、皆さまお 持ち帰りになられました。  O.Y.

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2019.09.11 21:23

twitterで、世界の平和を祈る
言葉をつぶやいてみませんか。

「世界人類が平和でありますように」という意味の各国の言葉を、twitterでつぶやいてみませんか?

フォトギャラリーphoto gallery

ご寄付のお願い MPPOE日本オフィスの活動は、皆様からの貴重な寄付によって支えられています。

平和活動グッズを取り扱うオンラインショップ Shop Peace to spread peace